朝食後、りさちゃんの家に。

「ねぇ、清経って知ってる?重盛の三男でなんかアニメでちょっとボーイズラブっぽく敦盛と仲がいい子」

「セーナさん腐女子ですかw」

「あの子、笛吹いて入水すんだよ。それがどこか気になってね」とアニメの画像を見せると、

「あぁ、ぶーちゃんですね」

「?(・・?なんでブーちゃん?」

「鼻が上向いてるからですよ」

「へー、そうそうそのぶーちゃん。」

といいながら、アニメの平家物語でぶーちゃんの入水シーンを探して、アニメに見入る。

お昼前に徒歩で湊川に向かう。結構歩くし、神戸、坂多いね。

昭和な感じの商店街の手前に。清盛入道。

商店街を抜け、もっと上に行くと、なにやら、昭和な感じの温泉が。

温泉入って、ものの15~20分で、わたし出ちゃったの。

「何かありました?失礼な人とかいましたか?」

「なんかすごくあったまってね、湯あたりとししたらやばいじゃん。だから早めに出たんだよ」

「よかった。安心しました」

帰り道には若い清盛が。

今回神戸に行って気づいたのは、平清盛が都を作ろうとした福原というのは神戸で、ここから宋と貿易をしようとしていた、すごく先見の明があった人だったのだと。ほんとに、無知で行くと、納得したことだけが、すっと入って来ていいですね(無知を正当化)。

その日の夕飯も、前日行ったなんでもない定食屋。

「付け合わせのしば漬け食べ放題、いいよね」

「しば漬けつくの珍しいね」

「そういえばさ、しば漬けも平家ゆかりだね。京都の大原で建礼門院が作ったんだよ」

「しば漬け美味いよね」

――――

翌日は、ニューヨークに住んでいた頃(30年前)のバイト先のお客様に神戸牛ランチをご馳走になる。

帰路は、神戸から門司へはフェリーで。

今夜からかなり冷え込むらしい。風も強くなってきた。